借金の返済で困った!お金を借りるもなかなか返せない苦労話〜女性編

借金の返済で困った!お金を借りるもなかなか返せない苦労話〜女性編


#

どうしてもお金を借りたいとき、なんとかお金を借りることができたとしても、その後にはきちんと返済しなくてはなりません。

お金を借りることはできたけれど、返済がうまく進まず困ってしまう方も少なくありません。

お金を借りることになった事情も人それぞれですが、返済に困る理由も人それぞれです。

今回は借金をしてお金がなくて困った経験をおもちの女性から、その苦労話を聞いてみました。


親の再婚でどうしても家を出なくてはいけなかった・・・

私が21歳の頃の話になります。親が再婚することになり、急きょ家を出ないといけなくなりました。当時は、働き始めたばかりで貯金もほとんどない状況でした。

邪魔はしないので、お金が貯まるまで住まわせてほしいとお願いしたのですが無理だと言われてしまいました。頼れる人がいなかったので仕方がなく、金融会社から借りるしかありませんでした。結構な額を借りたため、その分利息を支払わなくてはならなく大変でした。

返済が滞ることはなかったのですが、利息分がもったいなく思え早く払い終えたいと考えるようになっていきました。

昼間は事務仕事をしながら、夜はスナックで働くことにしました。もちろん掛け持ちなので、無理のないよう配慮しながら働きました。スナックでお客さんの相手をするのは、すごく嫌でしたがお金を借りてしまった自分が悪いのでお金が貯まるまではと思い働きました。

おかげで、毎月の返済額を増やすことができ、当初の返済予定より早く返済ができました。始めはすぐ返済できるだろうと思っていました。今思うと考えが甘かったなと、つくづく思い知らされます...。

そのおかげかお金がいかに大切かと知ることができたので、良くも悪くも良い経験になったなと思うようになりました。(めぐさん・女性)

自分に借金をする気はなくても、このようにどうしても避けられない事情でお金を借りることになると、返済については苦労することになりますね。

女性の場合、夜のスナックや水商売で働くという選択肢もありますが、昼間の仕事との両立は想像以上に大変なはず。無理をしないというのは難しいかもしれませんが、身体の健康には十分注意したいですね。

借金なんて二度としないのが私の親孝行

20代前半のときに、コールセンターで働いていました。そのコールセンターの仕事は時給が高く、月に30万ほど稼いでいました。その仕事は期間限定のもので、その契約が終わると私は無職になりました。貯金だけで数ヶ月生きていけそうだったからです。

それからは毎日ダラダラと好きなことをして、欲しいものを買って過ごしていました。貯金額が大きかったので、残金など気にせずにいると、あるときに気づきました。もう1ヶ月ももたない残金でした。

それから仕事を探しましたが、すぐには見つからず気持ちは焦るばかりでした。そんなときに借金に手を出してしまいました。親には迷惑をかけられないし、そうするしかないという決断でした。

また働き始めてからも、好きに暮らしていた頃の癖がぬけずに、欲しいものを我慢せずに買っていました。家賃が払えないから1万円だけ借りるという癖もつきました。現実から目を逸らし続け、借金は100万円にまで達していました。それからは借金返済の電話や連絡、ひたすら借金返済のためだけに働き続けました。もう楽しみなんて何一つなかったです。

離れた場所にいる家族にも連絡がいっていたようで、家族に問い詰められることも増えました。しかし、こんなひどい娘とは思われたくなくて借金なんてしてないと嘘をつき続けました。

もう精神的にも体力的にも働き続けられないと思った頃、母から電話がありました。正直に話しなさいといわれ、すべてを打ち明けました。私の借金は母がすべて払ってくれました。

今は私が母に借金を返しているところです。あのとき母の電話がなければ、自殺しててもおかしくないほどに当時の私は追い込まれていました。理不尽な借金で苦しむ方も多いとは思いますが、私のように自分のだらしなさで苦しむ人もいます。もう借金には絶対手をださないと強く思います。(きょんさん・女性)


がんばって親から自立するつもりが、自分の甘さから借金を重ねてしまい、結局親に頼ることになってしまう。

女性だけに限らず、こういう経験をした方は意外と多いのではないでしょうか?

若い頃の過ちは多かれ少なかれ、誰にでもあるものです。反省をこれからの人生の成長につなげていくのが親孝行ですね。

主人の親に騙されて借金。どん底ギリギリ生活の毎日

25歳で結婚し、間もなくして、主人の親から頻繁にお金の無心をされるようになり、あっというまに私たち夫婦の貯金は底をついた。それでも親を助けたい一心で、主人はどうにかお金を工面することだけを考え、結局消費者金融から借り入れてまで貸すことにした。

私にも借りるように頭を下げた。そうして借りられるだけ借りたところで、主人の親は自営でやっていた店を放置し夜逃げした。そのまま音信不通。私たち夫婦には多額の借金だけが残った。親に都合よく使われ、ある意味裏切られた主人は、自暴自棄になり、しばらくまともな収入がなくなった。

私は仕事を3つ掛け持ちして、なんとかその日暮らしをしていた。当時は日雇いの登録制バイトの全盛期だったので、本業の休みの日には日銭を稼ぎに化粧品工場の検品作業やら、ホテルの結婚式の配膳やら、人手不足の焼肉屋やら、とにかく仕事を選ばずに働いた。そしてた手にした数千円は、すぐに支払いに消えた。

通帳残高を確認して、1000円に満たないと下ろせないので、お金をかき集めてギリギリ1000円になるようにして引き出す。今思い出しても泣きたくなるあの頃が人生で一番お金に困っていた時期。光熱費も、借金の返済も、滞納が当たり前で、督促の電話とハガキが絶え間なく続いた。今は主人はまともに働き、貧乏ながらも滞納することなく、子供も産まれて幸せに暮らせている。耐えて良かった。(キタさん・女性)


身内にお金にだらしがない人がいるというのは、お金の面だけでなく本当にいろんなことで苦労しますよね。その人が親だった場合は、子供の立場では本当にどうしようもなくなってしまいます。

この方のように本当に理不尽に感じてしまう苦労を強いられてしまうこともありますが、苦労した分、幸せをしっかりと掴み取ってほしいものです。


いかがでしたでしょうか?

借金をするきっかけは人それぞれ。自分の甘さから借りてしまうこともあれば、自分ではどうにもならないようなことで借金をすることになる場合もあります。

それでも金融機関からお金を借りる場合は問答無用で返済していかなくてはなりません。

お金を借りるのも時には必要ですが、返済という現実の厳しさをしっかりわかった上で借りるようにしたいですね。


「借金の返済で困った!お金を借りるもなかなか返せない苦労話〜女性編」関連記事

借金の返済で困った!お金を借りるもなかなか返せない苦労話〜女性編
どうしてもお金を借りたいとき、なんと...
結婚式ラッシュでご祝儀貧乏に!お祝いしたいけどお金が足りない時
学校を卒業して20代、30代になると...
借金抱えてどうしよう。お金を借りると返済に苦労する体験談〜男性編
お金を借りるのは比較的簡単でも、借り...
お金がない!学生時代の貧乏生活エピソード〜男子学生編
学生時代が非常にお金がなくて貧乏だっ...
パチンコ・パチスロ・競馬・オンラインカジノetc。ギャンブルでお金に困ったら?
お金に困る原因として、パチンコやスロ...