結婚式ラッシュでご祝儀貧乏に!お祝いしたいけどお金が足りない時

結婚式ラッシュでご祝儀貧乏に!お祝いしたいけどお金が足りない時


#

学校を卒業して20代、30代になると避けて通れなくなるのが、周りの友人たちの結婚ラッシュです。

親しい友人の結婚式にはぜひとも出席したいけれど、結婚式に出席するにはご祝儀代や交通費はもちろん、女性ならドレスなどの衣装代なども意外とお金がかかります。

結婚式の予定は前もってわかるものなので、しっかり節約してお金を用意しておくこともできますが、結婚式が同じ月に3組、4組と重なってしまうと、普段の給料からのやりくりでは到底追いつかないこともでてきます。

そんな時、他の20代、30代の女性はどのようにお金をやりくりして乗り切っているのでしょうか。いくつか体験談を紹介しますね!


あまりにも立て続けに行われた友人の結婚式で・・・

26歳の頃、結婚式に呼ばれる機会が多く、毎月の給料では足りないくらいでした。

私は、地元は九州で、大学進学と共に上京し、そのまま就職しました。元々、交友関係も幅広く、何年経っても友人でいることが多いので、必然的に結婚式に呼ばれることも多くなるのです。時々、何故私が呼ばれたのだろうと思う結婚式もありましたが、お祝い事なので、基本的には出席するようにいていました。

しかも、良いことではあるのですが、全く同じ日に重なることはなく、結局、全部の結婚式に参加しました。3月というのは、結婚式が多いのか、その1か月間だけで5回も出席しています。

そのうち、2回は地元、1回はハワイです。更に、翌月は軽井沢と沖縄の結婚式にも呼ばれ、ご祝儀はいらないと言われてはいるものの、旅費の出費がすごかったです。

ヘアセットやドレス代、二次会代などもあるので、この短期間で、100万円以上は使ったと思います。おめでたいことなので、お金のことで悩むのは嫌なのですが、もはや私にとっては、死活問題でした。

それらの費用は、コツコツ貯めた財形貯蓄を崩すことで、賄いました。でも、それでも足りず、給料の中から捻出することもあり、お金がなくて困りました。

私の場合は利用しませんでしたが、どうしても工面できなかったらカードローンでお金を借りていたと思います。(かのんさん・女性)


ーー沖縄やハワイなど飛行機移動が必須の場所での結婚式は旅費の出費もすごくなりますね。

1ヶ月で100万円も使うことになるとは、普段からよほど節約、倹約に勤めていないと無理ですね(汗)

友達の結婚式ラッシュで家賃が払えないかもしれないという事態に

30代を過ぎたころから学生時代の友達の結婚式ラッシュが始まって、大学時代の友達と高校時代の友達がそれぞれ結婚式をするという事で1か月に2回も結婚式にでなくてはいけない事態に陥りました。

その頃私は彼氏はいて結婚話も出ていたけど一人暮らしで、給料もそれほど多くない中で毎月必死でやりくりして生活費と結婚資金を捻出していたところに、ご祝儀3万円×2に美容院・洋服代1.8円×2を一度に出さないといけないという状況になり自宅の家賃が払えないかもしれない!という状況でした。

それでも仲の良かった友達だし私の結婚式にも出席してほしかったのでここは義理を優先しないとと思い、ありったけの節約生活をしました。

毎日お弁当は当たり前、友達から飲みや食事に誘われてもパス、スーパーの見切り品を買って料理する、朝は牛乳1杯だけで済ますなどそれはそれは今思い出してもあの時くらいしみったれた生活をしていた時期はないと思います。

結婚式に来ていく服も1着買って1人は上着なしでストールを羽織って、もう一人の時はストールをボレロに変えて同じ服に見えないようにコーディネートして最低限の洋服代で済ませました。

節約の甲斐あってなんとかご祝儀3万円×2と家賃5万円を捻出できましたが、給料日3日前にして食費に使えるお金が500円になってしまい、彼氏に泣きついて3千円ほど借りました。

今はダンナになった彼氏に今でも「あの時のおまえはすごい生活してたよな。」とからかわれています。(みどりさん・女性)

ーーやはり壮絶な節約をして結婚式の参加費用を捻出していますね。

でも自分が結婚式を挙げるときになれば、みんな式に呼んでしっかり回収しちゃいましょう(笑)

知り合ったばかりの知人の結婚式に行くという主人に・・・

先日、主人に相談があると言われました。その内容は、知人の結婚式・披露宴に招待されたが、他府県で遠いしどうしようか。。行ってもいいかな?というものでした。

その知人というのは、三ヶ月前に知り合った男性です。主人は三ヶ月前に単身赴任することになり、そこで会社の寮に住んでいたのですが同じく単身赴任で来ていた人と知り合いになり夜お酒をのみにいくこともあったようです。

私は正直戸惑いました。学生時代からの友人とかならともかく、たった三ヶ月前に知り合った、今後も特に親しくすることもないであろう人の披露宴・結婚式に出席しなくてもいいのではないか...?と。しかも私たちの住んでいるところからとても遠いのです。日帰りではとても無理だから前日からホテルを予約して泊まるというのです。

そりゃおめでたいことなので、快く送り出してあげたいところですが交通費やご祝儀のことを思えばなかなかそうもいきません。

欠席すれば、お祝いを送るだけですみますが出席するとなるとその何倍もかかってしまう...。どこにそんな余裕があるというのか...。主人自身、相談してくるぐらいなので迷っていたのだと思います。しかし、他の人は行くと言ってるらしく結局主人も行くことになりました。

来月と、急なこともあり積立することもできず結局家中のお金を何とかかき集めて渡すことになってしまいました。これでまたカツカツの生活です...。(ポポさん・女性)


ーー結婚式に出席する。

お祝い事ゆえに行くのを反対すれば心が貧しいみたいになってしまいますからね。

結婚式の招待は本当に戸惑ってしまうことも多いですね。

いかがでしたでしょうか?

みなさん結婚式ラッシュや結婚式への参列は大変な思いをしていますね。

お金がないと結婚式に参加する方もマリッジブルーになってしまいます。

いつ招待されてもいいように、余裕のあるときこそ節約、倹約に勤めないといけないですね。


「結婚式ラッシュでご祝儀貧乏に!お祝いしたいけどお金が足りない時」関連記事

借金の返済で困った!お金を借りるもなかなか返せない苦労話〜女性編
どうしてもお金を借りたいとき、なんと...
低収入男子はそもそもお金がない!節約する?お金を借りる?
お金の苦労は誰しもしたくはないでしょ...
夫が失業!一家の大黒柱が収入源を断たれてお金に困ったときの過ごし方
自分の父親や旦那様など、一家の大黒柱...
独立起業・脱サラで自分でビジネスを始めたがお金が足りない体験談
独立精神が旺盛で自分の力でビジネスを...
病気で働けない。収入もない。お金がなくて本当に困ったときの体験談
病気で働けなくなると、お金の面でも本...