妊娠・出産でお金がない!親になるのは大変です。

妊娠・出産でお金がない!親になるのは大変です。


#

女性にとって、妊娠・出産は人生の最も大きなイベントですね。

喜びいっぱいの反面、先立つもののことを考えると憂鬱になってしまう方も少なくないでしょう。

実際に妊娠や出産に伴ってお金が足りなくて困った経験を持つ方はたくさんいます。

出産一時金が支給されるとはいえ、体調や生活環境によってはそれ以上のお金が必要になってしまう場合も多いです。

今回は妊娠や出産でお金の面で苦労した方の体験談を紹介します。


子供を2人出産してお金が無くなった!

今は4歳と2歳の息子が2人います。なかなか子供が出来ず、仕事のストレスが理由かと思い妊娠の為に仕事を退職しました。

子作りを頑張りようやく授かった長男。2人は最低ほしかったので、1年開けて2人目を妊娠し出産をしました。子供が3歳になるまでは働かずに面倒を見ようと思っていて、その間は旦那の収入だけで生活費をやりくりしていました。

ところが景気が悪くなり、ボーナスと残業がかなり減らされ、収入が3分の2くらいにまで落ち込みました。私も子供が小さい為、働く事ができずに貯蓄をきりくずしてやりくりをしていましたが、いよいよ貯金も底をつき、生活がなりたたなくなりました。

この事を両親に相談したら、家賃がもったいないから実家で暮らさないかと言ってもらい、情けなかったですが両親に頼る事にしました。家賃がなくなったおかげで、なんとか生活できるようになりましたが、いつまでも両親の家に居る事も出来ないので、子育てが終わったらなるべく早く働き、夢のマイホームを建てたいと思います。

妊娠と出産に対しては計画的に考えていたつもりですが、不景気の影響だけは予想が出来ず、貯金もある程度していたのですが、予想以上に給料が減らされたので、これから子作りを考えている方はかなり貯蓄をいしておいた方が良いかもしれません。(シャイさん・女性)

ーー子供を作るために会社をやめて待望の妊娠でも、旦那様の給料の減少まではそうそう予想できるものではないですからね。

当初考えていた計画が崩れてしまったときに、お金がなくて苦しくなってしまうこともあります。本当に余裕でいけるくらいが丁度いいですね。

急な妊娠発覚。その時夫は無職。

最初の赤ちゃんを授かったとき、ちょうど夫が転職活動中でした。それまで彼は長時間労働の会社に勤めていて、このままでは健康上良くない、との思いで私が勧めたのです。そして、就業しながら転職活動を行い、転職しました。

しかしその会社がいわゆる「ブラック企業」と呼ばれるような会社で、3か月の試用期間の後、退社することになりました。そこを退社してからの再就職がとても難しく、無職のまま3か月を過ごしました。

その時期はハローワークと自宅の往復での生活でしたので、彼にとってもストレスの溜まる生活だったのではないかと思います。そんな日々を過ごしていたある日、私の体調が悪くなり、病院に行って診断を受けると、妊娠したことが発覚しました。

正直、なんで今の時期に、という思いでしたが、残念ながらそれまで子宝を授かったことはなかったので、この子を産みたい気持ちが強く、出産を決意しました。

出産一時金制度はもちろん知っていましたが、少々高齢出産にも差し掛かっているので有名な病院の方が安心できると思い、遠方の大学病院に通うことを決意。しかし彼はフリーターの時期だったので、正直お金が無い、というのが偽らざるところでした。

しかし彼も一生懸命に就職活動をしてくれているので文句も言えず、かといって貯金もなかったので、その時は泣く泣く私の実家の両親にお金を前借りし、対応しました。両親からは夫の不見識を問う声もいただき、私も肩身が狭い思いをしましたが、背に腹は代えられず、頼み込んで貸してもらいました。

その後無事に出産。今では再就職に成功した夫と娘と幸せに暮らしています。(こうさん・女性)

ーー自分が妊娠で働けないときに旦那様が無職になってしまっては、本当に心細いですね。

自分が働けず、旦那様も無職ではどうしてもお金を借りたいなら親に頼るしかないですから、ご両親からお金を借りることができて本当によかったです。


学生なのに赤ちゃんが出来てしまい・・・

私は大学2年生の時に当時付き合っていた彼との間に赤ちゃんが出来ました。それがきっかけで私は大学2年の夏に中退しました。

彼は私より4つ上で高校卒業後から正社員として働いていましたが、彼は1度結婚に失敗しており、その時のいざこざで貯金はゼロ円でした。私もアルバイトはしていましたが、ほとんどを遊びに使っており私にも貯金はありませんでした。

そんな状態で妊娠が発覚してしまい産婦人科に通うお金さえもギリギリ出せていたぐらいでした。

赤ちゃんが安定期に入り病院側から出産費用の一時金を納めてくれと言われましたが、私達にはそんなお金がありませんでした。

そんな時に大学側から連絡があり、2年の前期に中退しているので学期始めに親が払っていた授業料が全額戻ってくると言われ、私達はすぐに親に相談してその授業料をそのまま自分達が受け取り無事に出産費用を支払うことができました。

出産後には彼が1人暮らししていたアパートで暮らそうと話していましたが、彼の部屋は1Kでそこにペットの犬まで飼っていました。流石にその狭さで家族3人と犬が1匹は無理がありました。

しかし出産費用をなんとかしのいだばかりですぐに引っ越し費用までは用意することができませんでした。それに引っ越したとしても今より広い部屋になると家賃も上がります。私達にそれが払っていけるのかも心配でした。

私の両親に不安を打ち明けたところ、おばあちゃんの家に来たらと言う話しが出ました。おばあちゃんの家と実家はすぐ近くで私も子どもの頃から何度も遊びに行っており仲良しでした。

その話しを彼にした所、彼も賛成してくれて家の荷物は大きな家具以外は自分達で運びすぐに引っ越しすることが出来ました。私は親の有り難みに結婚してから初めて気付きました。(サンさん・女性)


ーー望まない時期での妊娠や出産は本当にお金もなくて大変ですね。

そんなときほど頼りになるのは親や身内なのかもしれません。家族なら新しい孫や甥っ子が生まれるわけですから、いろいろ親身になって力を貸してくれるものですね。

いかがでしたでしょうか?

子供を産むとなると、誰しもいろんなエピソードを持っているものですね。

皆さんそれを乗り越えて「親」になっていくんですね。なんだか感慨深いものがあります・・・。


「妊娠・出産でお金がない!親になるのは大変です。」関連記事

妊娠・出産でお金がない!親になるのは大変です。
女性にとって、妊娠・出産は人生の最も...
借金の返済で困った!お金を借りるもなかなか返せない苦労話〜女性編
どうしてもお金を借りたいとき、なんと...
借金抱えてどうしよう。お金を借りると返済に苦労する体験談〜男性編
お金を借りるのは比較的簡単でも、借り...
パチンコ・パチスロ・競馬・オンラインカジノetc。ギャンブルでお金に困ったら?
お金に困る原因として、パチンコやスロ...
お金がなくて困っています。貧乏女子大生の体験談
人生で最初にお金のありがたみがよくわ...