病気で働けない。収入もない。お金がなくて本当に困ったときの体験談

病気で働けない。収入もない。お金がなくて本当に困ったときの体験談


#

病気で働けなくなると、お金の面でも本当に大変です。

病気なので無理に仕事ができないので収入は減ります。それに加えて病気のための入院代や治療費などがかさみます。十分な貯金がない状態で体を壊してしまうと本当に困ったことになってしまいます。

病気で思うように働けない、仕事ができない、治療にお金がかかる。

今回はこんな経験をされた方のお話を伺ってきました。


仕事が続かないのでお金が常にありません!

28歳女性です。私は激しい頭痛と心の病を持っていて、体が丈夫ではありません。初就職は正社員でしたが、体調を崩し一年で退職。失業保険が出たのでそこは救いでした。そのあとは契約社員。これは一年も立たずにまた体調不良で退職。失業保険はなし。

フルタイムは諦めて、バイトをいくつか始めましたが、めまい頭痛息苦しさなどの症状に悩まされ仕事が続かない。28歳の今は無職になってしまいました。幸い実家暮らしなので食べ物にも困らないのですがでも沢山の病院にも通っています。

精神科、頭痛外来、ペインクリニック、産婦人科などは基本で、しょっちゅう風邪をひくので、内科。しょっちゅう目を傷めるので眼科。あとは頭痛用の市販薬や漢方、鍼灸代。軽く4万は飛んでいくんです。お金、ないですよ。働いている時だって貯金なんて出来ませんよ。

あと浪費グセとまでは行きませんが私はストレスがたまるとネットショッピングを多めにしてしまいます。特に恐ろしいのはヤフオクで、少額のものですがそれをチョコチョコと買ってしまいます。普通の稼ぎの人でしたらまったく問題ないのですが、無職の私にはきついです。でも寝る前についつい買ってしまいます。あと楽天やアマゾンもずるい!買いたくなってしまうコンテンツが沢山じゃないですか。

私は本当の貧乏ではないのかもしれません。でも体が弱いので、バリバリ働いて稼ぐ事は一生できないでしょう。専業主婦になりたいななんて甘いことを考えてしまいますが、今時専業主婦ができるのは一部の富裕層だけですよね。私の将来は不安でいっぱいです。(ちほさん・女性)


フルタイムの仕事がなかなかできないのは大変だと思います。

それにしても体が弱いと気持ちまで弱くなってしまうのでしょうか。無駄遣いはしないなど、できることからきちんとやっていかないと、なかなか状況は良くなっていかないような気がしますね。

この方には頑張っていただきたいです。

初めての職場でうつ病になり失業し金銭的に困り彼氏に頼る生活

短大を卒業し、病院の栄養士として病院に就職しました。しかし年代が50〜60代の女性ばかりの職場で若さをねたまれ皆でミスを丸一日攻めてくる毎日で精神的につらくなり、食欲もなく、20キロ代まで体重がおち気がつけばうつ病でした。はじめは傷病手当をもらって休業していましたが、そういうわけにもいかず、退職となりました。

数か月は良かったもののそのうち家賃は払えなくなりました。残高は140円となり困り病院にも通えず、人生に絶望し真夜中の赤信号の横断歩道の真ん中でつったっていたところを通りがかりの人、当時の彼氏が私を救ってくれ、家にも家賃なしでおいてくれ、数か月仕事が決まるまで養ってくれました。

病気の私をそう簡単に雇ってくれる職場などなく苦労はしました。しかし彼氏から頂く食費を節約料理でやりくりし感謝されそのうち彼氏を生きがいにすることができるようになり前向きな気持ちを取り戻し、いきなり正社員を目指すのではなくパートから社員を目指しがんばるよう気持ちをきりかえ立ち直ることができました。親とは不仲で頼れずすべては当時の彼氏のおかげでした。

金のない時は、国民年金は、支払をせず携帯も止めたままでした。残高が140円になったときは引出せず困りました。そこになるまでに、パン耳を10円で買ってきたり、おからを無料でもらってきたりとにかく食べることにすべてのエネルギーをむけていた気がします。(ゆきなさん・女性)


はじめて勤めた職場で精神的なストレスをためて、うつ病になってしまう方というのは、決して少なくなく、珍しいことではありません。

この方のように一緒に暮らして生活を支えてくれるような恋人や家族がいればなんとか乗り越えられるかもしれませんが、一人だと本当に辛いですね。

自分を支えてくれる方には本当に感謝しかないですね。


苦難を乗り越えてなんとか生きています。

私はとにかく病気がちです。ここ数年は入退院を繰り返しています。蓄えも全て医療費に消えました。23歳で最初の結婚をしました。ところが夫のギャンブルと私の2型糖尿病が発症したことにより、1年で離婚しました。離婚後は実家に戻りましたが、とにかくお金が無く、仕事も無く鬱に近い状態まで落ちました。

その後、25歳で実家を離れ地方で一人暮らしをしながら働きました。そこで出会った彼と30歳で再婚しました。再婚して3年後、夫が友人の保証人を引き受けてしまいました。私は何も知らないまま過ごしていました。

その友人に逃げられ保証人である夫が1200万という借金を背負い自己破産。泣く泣く夫の実家にお世話になることになったのですが、そこでは私が姑からのイジメにあいました。何かあればすぐに、「いつ離婚するの?早く出て行ってもらえないかな?」と言われ続け3年が過ぎました。

結局私は追い込まれ家を出ましたが、夫は私よりも母を優先したいということで、離婚となりました。また一人になり、入退院を繰り返すようになり、今でも毎日の食費すらままならない状態の生活です。

体が第一ですが、私の病は一生治らないので、うまく付き合っていかなければなりませんが、せめて医療費だけでも安くならないかと思うばかりです。(ゆりりんさん・女性)



体が丈夫でない女性はいろんな苦労を背負ってしまうことになりがちですが、この方のように家庭的な面でもあまり恵まれていないと、本当に苦労が多くなってしまいます。

本当に身体には気をつけて、気持ちを強くもって生きていってほしいですね。


彼氏に裏切られ人間不信で働けない 家賃滞納、電気ガス水道もストップ

横浜で一人暮らしをしていました。仕事はアルバイトで月25万ほどの収入があったので、割と余裕のある生活を送っていました。

ある時彼氏が出来ました。大阪から出てきた、関西弁がかわいい年下の彼でした。しかし、付き合って2ヶ月がたった頃急に大阪に帰らなくてはいけなくなったと言われました。

当然、遠距離恋愛もしくは一緒に大阪に行くことを考えた私ですが、彼は『お前を振り回したくないから、好きだけど別れよう。』との一点張りでおかしいな?と思って調べたら、大阪にも彼女がいることが発覚!更に妊娠中との事!彼とは対した話し合いも出来ずに逃げるように大阪に帰っていきました。

私はその後、人間不信になり過呼吸症状、倦怠感、摂食障害。仕事にほとんど行けない日々が続き収入は激減して家賃が払えなくなりました。

まず、ガスが止まり、電気が止まりついには水道も止まりました。本当に本当にお金がなく毎日チョコレートを一口かじり、水を飲んでしのぐ日々を2ヶ月送ったとき、『もうダメかも』と思いました。

そしたら家に職場の同僚が訪ねて来ました。彼は、家賃、光熱費の滞納を全て立て替えてくれました。ひさしぶりにお風呂に入れました。明るい部屋になりました。

そして彼に支えられてなんとか職場復帰して、立て替えてもらったお金も返済しました。あの時職場の同僚の彼がいなかったらと思うと今でもぞっとします。

いつ病気になるか人生分からないものでちゃんと貯金をしようと思うきっかけになった出来事でした。(女性/25歳)


いかがでしたでしょうか?

身体が丈夫ならなんとかなることは、世の中決して少なくないものですが、身体が弱いと本当に苦労も多いです。

今どん底でも、少なくとも健康ならいくらでもなんとかなります。健康な方は健康に感謝して生活を立て直していきましょう。


「病気で働けない。収入もない。お金がなくて本当に困ったときの体験談」関連記事

お金がない!学生時代の貧乏生活エピソード〜男子学生編
学生時代が非常にお金がなくて貧乏だっ...
結婚式ラッシュでご祝儀貧乏に!お祝いしたいけどお金が足りない時
学校を卒業して20代、30代になると...
妊娠・出産でお金がない!親になるのは大変です。
女性にとって、妊娠・出産は人生の最も...
失業・無職で収入がない!貯金も尽きた!どうすればいい?
病気や怪我、精神的ストレス、リストラ...
独立起業・脱サラで自分でビジネスを始めたがお金が足りない体験談
独立精神が旺盛で自分の力でビジネスを...