ボーナス払いなのにボーナスカットでお金がない!借りるならどこ?

ボーナス払いなのにボーナスカットでお金がない!借りるならどこ?


#

夏のボーナス全面カットでお金がない ボーナス払いどうする?

アベノミクスで景気は上向きであると叫ばれていますが、本当に上向きなのか、まだ疑問が残る状況です。ですから、夏のボーナスが全面カットされてしまう可能性もあります。

景気がよくても会社によっては個別の事情で業績が悪化していることもあるでしょう。夏のボーナスは一部カット、あるいは全面カットといった、サラリーマンとしてはつらい状況を味わう可能性もあるわけです。

家のローンや車、エアコンや大型テレビといった夏のボーナスを見越してボーナス払いの契約をしても、ボーナスが全面カットとなれば、当然、ボーナス払いは不可能です。

ボーナス払いが払えず苦しい時、カードローンでお金を借りるという方法が最も有効な対応策です。

お金を借りた経験がない人にとっては、カードローンは怖く感じるのかもしれませんが、銀行をはじめとする信頼と実績がある大手の金融機関がカードローンを扱っていますので安心です。

カードローンのメリットは契約しやすい事です。利用対象者の条件は、安定した定期的な収入がある事だけです(年齢制限はあります)。担保・保証人は不要であり、審査も最短30分程度というスピード審査ですので、必ずしも厳しい審査ではないのです。

また、通常、ローンは、自動車ローンや住宅ローン等、利用目的を限定されるものですが、カードローンは原則、使い道が自由です。ですから、当然、ボーナス払いの返済に利用する事が可能です。

夏のボーナスがカットされてお金がない、そんな状況に陥ったら、カードローンでお金を借りてピンチをしのぐ方法もあると覚えておいてください。


冬のボーナス全面カットで支払いに困った お金がない!

冬のボーナスはクリスマスや年末年始、お正月を迎えるにあたって非常に大切な収入源となっている方も多いと思います。

また、住宅ローンや自動車ローンなど、ボーナス月の返済額を大きく設定して契約している方も多いでしょう。冬のボーナスとはサラリーマン世帯にとっては非常に大きな意味を持つものです。冬のボーナス一部カット、あるいは冬のボーナス全面カットは重大な事件です。

ボーナス払いの支払いがあるのに、会社の業績不振などで冬のボーナスがカットされたなどで悩んでいる方に紹介したいのが、カードローンでお金を借りることです。

住宅ローンや自動車ローンを契約する際に、やっぱり後で後悔するんですけど、ボーナス併用払いではなく、均等払いにしておけばよかったということです。でもボーナス併用の方が毎月の支払が安くなるから魅力的ですよね。

一般的には、ボーナス払いでは、返済プランによって異なりますが、数十万円のお金が必要ですのでボーナスがカットされた場合にはほとんどの人がピンチに陥ります。そんなときに頼りになるのがカードローンです。

仕事をしていて、定期収入があればほぼ心配はありません。借りるのが初めてで良く解からないなんて方もインターネットで検索してみてください。簡単に申込ができ、必要なお金を借りることができます。

もちろん審査はありますが、インターネットやスマホから申込みが完了し、わざわざ金融機関に出向くことなく、自分の口座に振り込んでくれるところも多くあります。

冬のボーナス全面カットで支払いに困っている方は、カードローンでピンチをしのぐ方法もあることを覚えておきましょう。


ボーナスが支給されないことがわかっても慌てないこと!

ボーナス払いで買い物やローンの支払いがあるけれど、ボーナスが支給されないことがわかった!

ショッピングで高額な商品をクレジットカードで購入して、その支払いがきているけれど預金口座のお金が足りない。でもあと少しでボーナス日だけれど、ボーナス前に支払い期日がきてしまってどうしようもない。

こういった場合、消費者金融でお金を借りることで対応する方法があります。

でも消費者金融の金利は、高いのであまり利用したくないイメージがありますが、使い方次第では有利に働きます。

それは、スピード融資です。支払日が目前に迫っている中で、銀行にお金を借りに行くと、銀行は慎重審査なので時間がかかります。

しかし、消費者金融は申込みをしたその日に融資が受けられます。店頭窓口に来店をすれば、審査がスムーズにすすめば1時間程度でお金を借りることができます。

もうひとつの消費者金融の利点は、業者によっては無利息期間があることです。無利息期間のある会社であれば、ボーナスが支給されれば全額すぐ返せるのであれば、その無利息期間内の完済であれば利息を支払わずに完済できるのです。

消費者金融もうまく利用すればケースバイケースでとても便利で助かる場合があります。計画的にうまく利用していきましょう。


20代で住宅ローン 残業カット、ボーナスカットで返済が苦しい

20代の後半でマイホームの購入をしました。結婚をして子供が生まれたのがきっかけで、マイホームが欲しいと強く願い多少無理をして購入をしました。

住宅ローンを借りて購入をしたのですが、土地や建物の値段があまりにも高額で金銭感覚がマヒするような感じです。ローンで購入するので、多少割高でも希望する住居を優先してしまいました。購入後にもっと安い土地や住宅にすればよかったと反省しました。

住宅ローンの支払いの大変さは、購入後数年たった頃に実感しました。住宅ローンの借入総額や毎月の返済額は、購入当時の年収を基に設定したつもりでしたが、会社の業績低迷により残業やボーナスの減少で返済が厳しくなっていきました。そして家計が赤字となることが当たり前となり、貯金がどんどん減っていきました。

対応策として考えたのが、子供のために積み立てていたお金を使用することです。しかし、あっという間に底をつき、次に行ったのが生命保険や損害保険の見直しにより保険料を下げることです。一部の保険は解約もしました。それでも長期ローンの返済により黒字化することはできませんでした。

その後、大きな救いとなったのは、会社の業績悪化で希望退職の募集があったことです。退職金の上乗せがあり、返済に大きく貢献できました。転職先もすぐに決まったので、何とか生活が続けられる状態になりました。


「ボーナス払いなのにボーナスカットでお金がない!借りるならどこ?」関連記事

学生は学生ローンでお金を借りる?カードローンでも借りられる?
18歳以上で仕送りやアルバイトといった定期収入があれば、学生ローンを利用することができます。20歳以上なら消費者金融のカードローンでも借りられるようになります。
パート主婦がお金を借りるなら消費者金融?銀行カードローン?
旦那様がケガや病気で働けないなどの理由でお金を借りられるパート主婦の方は多いです。銀行系カードローンはもちろん、消費者金融のキャッシングでも毎月一定の収入があればパートでも借り入れが可能です。
生活困難 生活費が足りない お金を借りたい
旦那の収入だけでは生活費が足りないという世帯が増えています。生活費の不足に困ることはよくあります。消費者金融で生活費をキャッシングすると助かります。
香典代がない 突然のお通夜・告別式・葬式ですぐお金借りたい
お通夜や告別式に香典を持参して参列するためにはお金も素早く用立てる必要があります。消費者金融のキャッシングなら素早くお金を借りることができます。
すぐお金がいる 給料明細や源泉徴収票なしで今すぐお金借りたい
すぐお金がいる場合、消費者金融なら10万円、銀行カードローンなら50万円程度までの借り入れなら、給料明細や確定申告書といった収入証明・所得証明なしで申込みができます。