結婚式の出席 ご祝儀代のお金が足りない 借りたい

結婚式の出席 ご祝儀代のお金が足りない 借りたい


#

結婚式に招待されているのに、ご祝儀のお金が捻出できない。そんな時は消費者金融で借りるのがおすすめです。

ご祝儀のお金なら数万円程度。女性なら披露宴に着ていくドレス代などもありますが、借りるのは必要最低限の金額だけにします。

消費者金融のキャッシングのメリット、これはやはり、いつでもどこでも気軽にお金を借りられるという事です。急な出費などの不足の事態に備えて、最低でも1社は作っておいた方が良いです。

例えば、友人や知人の晴れ舞台、結婚式などに招待されてその時は金銭的に余裕があったが、式の当日までに体を悪くして病院に通っていた時。

急に車が故障して修理費が高額になってしまったなどで、招待された時は余裕があったが今は金銭的に余裕が無くなった、結婚式のご祝儀が出せない、どうしてもお金が足りないというケースには大活躍します。

また、消費者金融のキャッシングは返済方法が毎月一定額を返済しながら、余裕のある月は多く返済出来るので、今月は余裕があるという月には一気に返済する事も出来ます。

消費者金融のキャッシングのその多くは、提携コンビニATMなどで24時間返済や借り入れが可能なのです。その手軽さから利用者が近年では増えています。


女友達が続々と結婚!ご祝儀代がなくジューンブライドに苦しめられる

この年齢(30代)になると、やっぱり周囲の人たちは続々と結婚していきますね。一生独身を決め込んでいた女友達でさえ、突然ポーンと結婚報告をしてくるほどに。


さて、そのような結婚事情はさておいて、もちろん周囲の人間の結婚は嬉しい限りです。それに出産だって嬉しい限りです。ご祝儀をあげたいのは、山々ですが。


しかし、ものすごく本音を言ってしまうならば、6月20日以降にして欲しいのです。とくに「結婚式」に関しては!


女性が「ジューンブライド」にこだわりたい理由も、なんとなくですがわかります。乙女チックに式をあげたい気持ちだってわかります。


けれども、公務員の夏のボーナスが支給されるのは、6月20日以降なのです。公務員は高級取りではありません。それは世間の幻想です。毎月の給料は、都会の事務OLよりも低いものなのです。


なおかつ、家賃手当もたいして出ませんので、一人暮らしなんてしているとカツカツです。ですから、ボーナスで毎月の給与を補填して生きているのです。なので、毎月の生活費はカツカツです。ボーナス前に貯金なんてありません。

ですから、できましたら結婚式は、6月後半にして頂けるとありがたいです。しかしおめでたいことにケチはつけたくないので、本音はここで吐き出します。

このように、実は6月20日前に参列した結婚式での私のお財布はカツカツであることが多いのです。


「結婚式の出席 ご祝儀代のお金が足りない 借りたい」関連記事

給料日前の金欠なのにお金が必要 お金を借りるなら
給料日までお金がないにも関わらずどうしてもお金が必要というピンチに見舞われたときに大変頼りになるのが消費者金融のキャッシングです。
お金に困ったらアルバイトでもお金を借りることはできるの?
アルバイトの収入ではそれほど大きな金額を借りることはできませんが、消費者金融でも銀行のカードローンでも返済できる範囲内の借入なら十分に可能です。
結婚資金が足りない時は無利息期間のあるカードローンで借りる
結婚費用はご祝儀で一括返済可能なので、プロミスやレイクなど初回30日間無利息で借りられるカードローンを利用すると、利息の支払いもほとんどなくお得にお金を借りられるのです。
引っ越し費用が足りない どうしてもお金が必要
引っ越しは敷金・礼金、引っ越し代はもちろん、新居の家具や家電なども場合によっては必要です。引越し代が足りずどうしてもお金が必要になった時に向いているのが消費者金融のキャッシングです。
スマホからキャッシングの申込みをして今すぐお金借りれるの?
スマホで借り入れを申込んで、審査に通過すれば自分の銀行口座にお金を振り込み融資でお金を借り、近くのコンビニATMなどでお金を引き出すことができます。大手なら即日融資で今日中にお金を借りることもできます。