友人・知人にお金を借りるよりカードローンで借りる方がよい理由

友人・知人にお金を借りるよりカードローンで借りる方がよい理由


#

親しき仲にも礼儀ありという言葉がある通り、いくら親しい間柄であっても、お金が絡むと関係がギクシャクしてしまうことがあります。

急にお金が必要となった際に、知人や友達にお金を借りるという方法もありますが、その後の関係を考えて躊躇してしまう人も多いようです。

そこで、親しい人からお金を借りる以外の方法としてオススメなのが、カードローンでお金を借りるという方法です。

カードローンやキャッシングに対してマイナスのイメージを抱いている人も少なからずいるようですが、最近は無理な取り立てや高金利などの問題のある業者はほとんどありません。特に、大手と呼ばれる業者はサービス内容も充実しており、安心して利用することが出来るようです。

カードローンは利息分の支払いがあり、これがもの凄い金額になることを恐れる人もいますが、カードローンは返済期間が短いほど利息の支払いは少なく済みます。

カードローンやキャッシングを初めて利用するという場合には、無利息の期間が設けられている場合もあります。早期に返済をすることによって、利息も掛からず必要な金額を素早く工面することが出来ます。

短期間ですぐに全額返済できるお金の借り入れであれば、友人・知人に頭を下げてお金を借りるより、カードローンでお金を借りる方がずっとスムーズに借り入れができ、その後の人間関係もおかしくなるような事態を避けられます。


クレジットの引き落としができない!回避のため友達からお金を借りる

今は子供も二人いますが、独身当時は自由になるお金が多く、ショッピングや旅行などに給料を浪費していました。

大きな買い物も「ボーナスがあるから」と気を大きく持って、躊躇無く購入していました。

ところが、原付のバイクを購入した時、ビザカードで買ったのですが、引き落とし日をよく計算せずに、ボーナス支給の前月にしてしまいました。

そのままいくと、引き落とし不能で実家に連絡がいきます。

親には叱られるために言えず、兄弟には以前、似たような感じで貸してもらっていたので言い出せず、結局、友人に「ボーナスが出たら、必ず返すから」と7万円を借りました。

友人は快く貸してくれた感じだったのですが、無事にボーナスが出て、返済した時に

「もう返してくれない気がしてた」と言われました。

そして「友人同士のお金の貸し借りはこれで最後にしてほしい」と言われました。


それから、私は「仲がいい」と思っていた学生時の友人でしたが、それを気になんとなく気まずくなり、疎遠になってしまいました。

友人同士のお金の貸し借りは、友情にひびを入れると思います。

それ以来はしていません・・・。


「友人・知人にお金を借りるよりカードローンで借りる方がよい理由」関連記事

専業主婦でもお金を借りたい 借りられるのは銀行カードローン
専業主婦の方が金融機関からお金を借りたい場合、最も簡単に借りられる可能性があるのが銀行のカードローンです。消費者金融とは異なり、総量規制対象外となっているので専業主婦でも借り入れができるところもあるのです。
今日中にお金が必要 すぐお金を借りるならカードローンが便利
今日中にお金が必要な急いでいる時は大手消費者金融のカードローンに申込みをすれば即日融資でお金を借りることもできます。今すぐお金を借りたいときはカードローンが一番借りやすいです。
友人・知人にお金を借りるよりカードローンで借りる方がよい理由
短期間ですぐに全額返済できるお金の借り入れであれば、家族や親戚、友人に頭を下げてお金を借りるより、カードローンでお金を借りる方がずっとスムーズに借り入れができます。
ボーナス払いなのにボーナスカットでお金がない!借りるならどこ?
ボーナス払いなのにボーナスカットでお金がない!ボーナスが少なくてお金が足りない!そんなときお金を借りるなら消費者金融のカードローンが意外とおすすめです。
3万円借りたい 3万貸してほしいなら即日融資のカードローン
3万円借りたいという時にとても有効なのが消費者金融で借りる方法です。3万円なら友達から借りるという方法もありますが、借金の申込みは友情にヒビを入れかねません。