香典代がない 突然のお通夜・告別式・葬式ですぐお金借りたい

香典代がない 突然のお通夜・告別式・葬式ですぐお金借りたい


#

人が生きている間には友人や知人が亡くなることに遭遇します。葬儀に参列する時には香典を持参していくのが常識ですが、その香典が足りない時はどうすればいいでしょうか。

親や友人、恋人など誰かに香典代が足りないことを素直に打ち明けて、貸してもらうのもよいですが、しかし、人が亡くなることはよほどの病気でない限りは急なことが多いものです。お金に全く余裕のない人も沢山います。そんな時は銀行や消費者金融で借りることが可能です。

借りる手順としてはまず銀行や消費者金融に申し込みをします。この時、店舗に直接足を運んでも構いませんが、現在は携帯電話やスマートフォン、パソコンから申込みができます。

次に審査を受けます。これはその人がどれくらい信用できるかを判定する作業です。個人の情報をセンターに照会して行ないます。その後、審査に通れば無事お金が借りられます。

銀行よりも消費者金融の方が様々な面で借りやすいので、早ければ申し込んでから借りるまでを30分程度で終えられます。

お通夜や告別式に参列するためにはお金も素早く用立てる必要があります。消費者金融のキャッシングなら素早くお金を借りることができますから、香典代のような不測の事態には、そのスピーディーさが本当にありがたく感じられます。

お金に困った!離れた実家・田舎での葬式に行かなければならない時

進学や仕事の関係で生まれ育った実家を離れて暮らしているという人も多いのではないでしょうか。

もし、離れた田舎での葬儀があるという場合、そしてそれに出席をするという場合には、香典や交通費にお金がかかる事が予想されます。

香典代も親族なら3万円前後。そして新幹線や飛行機で駆けつけるとなると交通費もかかりますし、場合によってはホテルなどの宿泊費がかかることもあります。また、喪服として着られる服を急いで準備しなければならないこともあります。そうなると10万円程度はかかりそうな出費になります。

給料日前などでお金が無い時などはお金を工面するのが大変な場合もあります。また、銀行口座などからお金を引き出す際にも休日や夜間では手数料が掛かってしまいます。

そんな時にオススメなのが、カードローンでお金を借りるという方法です。カードローンでお金を借りるということに抵抗があるという人も多いようです。特に多いのが利息が高く、返済が大変というイメージを抱いている人です。

しかし、借りている期間が短ければ、ATMを利用して口座からお金を引き出す場合の手数料よりも利息のほうが安く済む場合がほとんどです。申し込んでからすぐにお金を借りる事が出来る業者も増えてきているので、手軽に利用することが出来ます。

田舎でのお通夜や告別式に参加する場合でも、カードローンなら即日融資ですぐお金を借りることが可能です。落ち着いてお金を借りて余裕を持ってお見送りをしましょう。


「香典代がない 突然のお通夜・告別式・葬式ですぐお金借りたい」関連記事

生活困難 生活費が足りない お金を借りたい
旦那の収入だけでは生活費が足りないという世帯が増えています。生活費の不足に困ることはよくあります。消費者金融で生活費をキャッシングすると助かります。
車検代 車検費用が足りない どうしてもお金を借りたい
車検は時期が決っていますから、その時に車検代・車検費用が足りないのは困ります。どうしてもお金が足りない場合は消費者金融のカードローンでお金を借りるのも致し方ありません。
3万円借りたい 3万貸してほしいなら即日融資のカードローン
3万円借りたいという時にとても有効なのが消費者金融で借りる方法です。3万円なら友達から借りるという方法もありますが、借金の申込みは友情にヒビを入れかねません。
収入が少ない 低所得・低年収でもお金を借りたいが審査が不安
パートやアルバイト、派遣などで収入が少ないけれど、どうしてもお金を借りたい場合があります。しかし低所得・低年収でもお金を借りることはできるのでしょうか。
香典代がない 突然のお通夜・告別式・葬式ですぐお金借りたい
お通夜や告別式に香典を持参して参列するためにはお金も素早く用立てる必要があります。消費者金融のキャッシングなら素早くお金を借りることができます。