国・市役所でお金を借りる 母子家庭で生活が苦しい 困っているなら

国・市役所でお金を借りる 母子家庭で生活が苦しい 困っているなら


#

離婚や死別などがきっかけで母子家庭やシングルマザーになってしまうと一気に生活が苦しくなります。

もう生活ができないといった状況になった場合、真っ先に消費者金融が頭に浮かぶと思いますが金利のことを考えると気軽に借りることはできませんよね?

返済のことを考えた場合におすすめなのが公的支援制度の利用です。

あまり聞いたことがない言葉かもしれませんが公的支援制度とは簡単にいうと国や都道府県が行っている生活が苦しい人に対しての支援制度だと思ってください。

金利が非常に安く、場合によって金利なしということもあるので利用しないのはもったいないです。公的支援制度を利用すればわざわざ高金利の消費者金融からお金を借りる必要はありません。

例えば、生活費などに困っているという場合は生活福祉資金貸付制度を利用してください。
生活福祉資金貸付制度は自立したいけどお金がなくてできないという世帯をサポートする制度のことで、生活福祉資金貸付制度の中の総合支援資金を利用することで生活費などを借りることができます。

働いてはいるけど給料が少なくて生活が大変という場合は生活福祉資金貸付制度の福祉資金貸付も利用することができます。

ただし、生活福祉資金貸付制度は誰でも利用できるという訳ではありません。あくまでも生活に困っている人向けの支援制度なので消費者金融から借りられるだけの経済力がある場合は断られる可能性があります。

母子家庭やシングルマザーの場合で生活が苦しいという状態なら消費者金融から借りてしまうと返済ができなくなる危険があるので、生活福祉資金貸付制度を利用できるはずです。またお金をもらえる訳ではなく貸してもらう制度なのできちんと返済をしないといけません。そのため、ある程度の返済能力がないと借りられないと思ってください。

そして、子供の学費を支払うのが難しいという場合に利用できるのが国の教育ローンです。国の教育ローンは大学に通わせたいけど教育費がないという場合に利用されるケースが多いです。使用目的は幅広くて入学金や授業料をはじめ、受験費用、教材費、教科書代などに使うことができます。

子供がまた一人暮らしをされる場合は家賃や敷金にも使えるので銀行や消費者金融などの教育ローンよりも使い勝手がいいです。ただ、生活福祉資金貸付制度と一緒に誰でも利用できるというものではなく一定の条件を満たしていないといけません。

このように公的支援制度を上手く活用すれば、消費者金融などを利用するよりもお得に借りることができます。


「国・市役所でお金を借りる 母子家庭で生活が苦しい 困っているなら」関連記事

生活困難 生活費が足りない お金を借りたい
旦那の収入だけでは生活費が足りないという世帯が増えています。生活費の不足に困ることはよくあります。消費者金融で生活費をキャッシングすると助かります。
新入社員の借り入れ 入社してすぐでもお金を借りられるの?
新入社員だからお金がない、お金に困った。特に引っ越しを伴う就職や転職の場合は、最初の給料日までは本当に持ち出しが多くて金銭的に苦しいことも多いでしょう。
専業主婦でもお金を借りたい 借りられるのは銀行カードローン
専業主婦の方が金融機関からお金を借りたい場合、最も簡単に借りられる可能性があるのが銀行のカードローンです。消費者金融とは異なり、総量規制対象外となっているので専業主婦でも借り入れができるところもあるのです。
借入限度額を増額したい さらにお金を借りたいときは?
さらにお金を借りたい場合、現在の融資先の限度額を増額するのがまずおすすめ。増額するには、現在契約しているキャッシング会社に増額の申込みをします。
車検代 車検費用が足りない どうしてもお金を借りたい
車検は時期が決っていますから、その時に車検代・車検費用が足りないのは困ります。どうしてもお金が足りない場合は消費者金融のカードローンでお金を借りるのも致し方ありません。