生活困難 生活費が足りない お金を借りたい

生活困難 生活費が足りない お金を借りたい


#

夫がリストラに遭って失業中。パートの私の収入だけではとてもじゃないが生活できない。

夫婦共働きだったけど子供ができて働けなくなり、旦那の収入だけでは生活費が足りない。

給料日までまだ1週間以上もあるのに、生活費が足りない。

こういった生活費の不足に困ることはよくあります。いよいよ明日食べるものも買えないという状態になってしまったら、消費者金融で生活費をキャッシングすると助かります。

消費者金融でお金を借り入れることはいわゆる借金をするということなので、どうしてもお金が必要なときだけにします。

消費者金融のキャッシングは安全で信頼できる業者に限ります。テレビのコマーシャルなどで広告を出している大手の消費者金融ならほとんどが大丈夫です。メガバンクグループの業者ならばなお安心です。

審査も個人情報と勤続年数や、年収を正直に伝えれば通ります。年収は低くても毎月安定した収入があれば、アルバイトやパートの主婦でもキャッシングができます。早ければ30分程度で審査が通り、その日のうちにお金を手にすることができます。

消費者金融のなかには初回利用者はキャッシングしてから30日間は金利が無利息になるサービスを行っている業者もあるので、よく調べてからキャッシングの申し込みをするといいです。

給料カットで収入減 生活が苦しい お金がない

給料カットで収入が減り、生活が苦しくなっている方が増えています。

給料が右肩上がりだった幸せな時代はとうに過ぎ去り、今は管理職に出世したにも関わらず、給料はほんのわずかしか上がらないという方も多いですね。

アルバイトや派遣社員という非正規雇用のスタッフが増えたことで、30代、40代になっても部下がほとんどいないという方も珍しくありません。給料も増えるどころか、会社の業績によっては昇給見送り、残業代カット、ボーナスカットなど、給料のカットにより生活が苦しくなる方が増えています。

給料カットで生活が苦しい、そのようなときに急な出費でお金が足りない場合、カードローンでお金を借りると便利です。何故なら、カードローンは比較的多くの人が利用可能な借入手段だからです。

カードローンによる借り入れに担保や保証人は不要です。利用できる人の条件は、年齢制限はありますが、それ以外は安定した定期的な収入を得ている事だけです。審査はありますが、審査時間は大手のカードローンなら短時間(最短30分)ですので、決して厳しい審査ではないのです。

短時間の審査ですから、カードローンの契約に申込んだ当日に借入する事も可能です。借入する環境も整っています。借入は契約した金融機関のATMはもちろんの事、コンビニ等に設置してあるATMでも行う事ができます。また、指定の口座に振込みもしてくれます。ですから、どんな場所にいても、どんな状況であっても、すぐに対応できるのです。

給料カットで生活が苦しい中、カードローンは困った時に役に立つ、頼もしい存在です。


お金が足りない。消費者金融で生活費を借りるのは本当はどうなの?

急な収入減で生活費が足りない、さらに貯金もない、ということは誰にでもありうることです。このような場合には少しだけキャッシングのちからを借りることもひとつの有効な手段です。ただし、その場合には必ず返済できるだけの金額を借りるようにしてください。

収入減を補うためにアルバイトをする場合、そのアルバイトの収入が入るまでのつなぎの金額だけを借りるようにしたり、他に収入が入るアテがあるのであればそれまでのつなぎとして借りるという方法が安心です。

計画性もなくただお金がないからといって、キャッシングで借り入れを繰り返してしまいますと、やはりその後の返済が苦しくなってしまいます。返済が苦しくなれば、返済できなくなり、最後は自己破産なんてこともありえますので、キャッシングを利用する際にはしっかりとした計画性がとても大切なのです。このことさえしっかり頭に入れて利用すれば、キャッシングはこのようなお金のピンチの際にもとても役立ってくれます。

申込みを行ったその日のうちに借入ができますし、返済方法なども豊富に用意されています。コンビニや銀行のATMから返済することもできますので、この点でも便利です。また、申込みをする前に返済シュミレーションを行うことも忘れないでくださいね。

夫が転職で前の会社よりもかなり月収が下がった時、転職の都合上引越しを余儀なくされ、私もそれまで働いていたパートを辞めざるを得なくなった時は本当にお金に困りました。

すぐにパートを始めたくても、土地勘が全くない場所だったので探すに探せず、また夫も転職して最初の二週間は研修などできちんと働けなかった事もあり、元々低い給料がさらに低くて、結局転職してからの数か月は貯蓄を切り崩して耐えました。

でもさすがにそんな生活を続けていくわけにもいかなかったので、毎月の出費の中でも比較的操作のしやすい食費を徹底的に削る事に。当時、一か月で一万円生活といったテレビ番組をやっていた事から我が家も一か月の食費を一万円に設定しました。

買い物はなるべく夕方や雨の日に行く事にし、その際も車やバスは使わず歩きか自転車を利用しました。また、煮込み料理などは最初だけ火にかけた後毛布などでくるんで余熱で調理したりもしました。結果的に一か月一万円の食費には抑えられませんでしたが、もやしを使ったレシピなどを駆使して夫婦2人で毎月15,000円で半年ほど過ごしました。(29歳/女性)


「生活困難 生活費が足りない お金を借りたい」関連記事

国・市役所でお金を借りる 母子家庭で生活が苦しい 困っているなら
生活が厳しい母子家庭が受給できる手当として、「生活福祉資金貸付」という制度があります。無利子あるいは低金利で国・市役所でお金を借りることができます。
お金を借りたい女の強い味方がレディースローン!
女性で今すぐ借りたい状況だったり、正社員ではなくパートやアルバイト、フリーターだったりする場合には消費者金融のレディースローンを利用するのがおすすめです。
スマホからキャッシングの申込みをして今すぐお金借りれるの?
スマホで借り入れを申込んで、審査に通過すれば自分の銀行口座にお金を振り込み融資でお金を借り、近くのコンビニATMなどでお金を引き出すことができます。大手なら即日融資で今日中にお金を借りることもできます。
友人・知人にお金を借りるよりカードローンで借りる方がよい理由
短期間ですぐに全額返済できるお金の借り入れであれば、家族や親戚、友人に頭を下げてお金を借りるより、カードローンでお金を借りる方がずっとスムーズに借り入れができます。
今日中にお金が必要 すぐお金を借りるならカードローンが便利
今日中にお金が必要な急いでいる時は大手消費者金融のカードローンに申込みをすれば即日融資でお金を借りることもできます。今すぐお金を借りたいときはカードローンが一番借りやすいです。