車検代 車検費用が足りない どうしてもお金を借りたい

車検代 車検費用が足りない どうしてもお金を借りたい


#

車が生活の必需品となっている方にとって頭が痛い問題が愛車の車検でしょう。

車検には、車種や年式にもよりますが、かなりのお金がかかります。中には毎年20万円ほど車検費用の支払いが必要な車もあります。そのため車検費用が足りないからと、お金の工面に奔走する人は多いです。

しかし車検を受けるべき時期は決まっています。その時期を逃すと、公道での運転が不可能になりますし、さらに自動車重量税の滞納となってしまいます。ですから時期が来たらすみやかに車検に出さなければなりません。

つまりお金の工面に時間をかけている暇はないのです。

そのような時には、消費者金融のキャッシングを利用すると良いです。

消費者金融では、非常に審査がスピーディにおこなわれます。そのため早ければ申し込んだ日のうちに、遅くとも数日中に融資がなされます。どうしてもお金が必要で、しかも急いでいる時には、とても便利なのです。

キャッシングをすると利息の支払い義務が生じますが、運転できなくなったり税金の未払いとなることを考えると、利息の支払いはやむを得ないでしょう。消費者金融のキャッシングを利用して、確実に期間内に車検に出しましょう。

車をぶつけてしまった!自損事故で修理代が出せない。そんな時は?

車を運転していると、どんなに注意をはらっていても人ですからミスはあります。特に車の免許を取って間もない方なら、車をどこかにこすったり、軽く何かにぶつけたりといったことは度々あるでしょう。

ちょっとの傷やへこみなら走行に支障はないですが、バンパーが折れてしまうなどの酷いぶつけ具合だと修理が必要です。しかし車の自損事故で修理代がない、車が無いと仕事や生活に支障をきたすので車がどうしても必要だといった場合、修理代金もそれなりに高額になるので大変です。

でも消費者金融などのカードを持っている方なら、カードローンでお金を借りる事が出来るので修理代をひとまず支払う事が出来るのです。

カードローンとは、消費者金融などで限度額を決めてその範囲内であればいつでも、お金を借りたり返したりが出来る契約です。保証人不要で利用目的も問われないため、車の修理代などでまとまったお金が必要になったときも便利に使えます。

カードローンは急な出費など、お金に困った時に便利です。また、カードローンはその他にも色々な場面で活用出来ます。社会人なら最低でも一つはカードローンを作っておいた方が良いです。

自動車ローンや住宅ローンなどのような、それ以外には使えない目的ローンとは違って、フリーローンという種類になるのでお金の使途に縛られることはないのです。

車の自損事故で修理代に困っているなら、カードローンの利用も検討しましょう。


「車検代 車検費用が足りない どうしてもお金を借りたい」関連記事

学生は学生ローンでお金を借りる?カードローンでも借りられる?
18歳以上で仕送りやアルバイトといった定期収入があれば、学生ローンを利用することができます。20歳以上なら消費者金融のカードローンでも借りられるようになります。
香典代がない 突然のお通夜・告別式・葬式ですぐお金借りたい
お通夜や告別式に香典を持参して参列するためにはお金も素早く用立てる必要があります。消費者金融のキャッシングなら素早くお金を借りることができます。
友人・知人にお金を借りるよりカードローンで借りる方がよい理由
短期間ですぐに全額返済できるお金の借り入れであれば、家族や親戚、友人に頭を下げてお金を借りるより、カードローンでお金を借りる方がずっとスムーズに借り入れができます。
他社借入中でもまだお金が足りない もっとお金を借りたい
他社借入中でも現在の借入合計額や返済状況によっては、新たにお金を借りることも可能です。借金の返済を借金で補っている様なら、おまとめローンで債務の一本化を申し出て見るのも良いです。
専業主婦でもお金を借りたい 借りられるのは銀行カードローン
専業主婦の方が金融機関からお金を借りたい場合、最も簡単に借りられる可能性があるのが銀行のカードローンです。消費者金融とは異なり、総量規制対象外となっているので専業主婦でも借り入れができるところもあるのです。