新入社員の借り入れ 入社してすぐでもお金を借りられるの?

新入社員の借り入れ 入社してすぐでもお金を借りられるの?


#

新卒・中途採用に限らず、新入社員だからお金がない、お金に困ったという状況はよくあります。

特に引っ越しを伴う就職や転職だった場合は、最初の給料日までは本当に持ち出しが多くて金銭的に苦しいことも多いでしょう。

もしも新入社員でも消費者金融や銀行のカードローンでお金を借りたいと考えているのであれば、どのようなタイミングで借りるか考えるということも大切なことになります。

例えばお金を借りるだけならば、入社前にアルバイトをしており、一定の収入があれば、入社前であっても借りることは可能です。

ですが入社前は借りられないというわけではなくても、入社後に借りたほうが条件がいい条件で借り入れができる可能性があるのです。

入社後であれば、定職についているために、仕事を続けている期間が短かったとしても、アルバイトよりも審査での印象がよくなるため、有利な融資の契約を行うことができることもあるのです。

カードローンの場合には、借入の上限額がアルバイトよりも会社員のほうが高くなる傾向にあります。そのため、就職したばかりでお金がなく、とにかくカードローンの契約をしたい場合には、入社日を過ぎるのを待ち、入社後すぐにカードローン申込みを行うことがおすすめです。


仕事が決まっても最初の給料日までは金欠が続くのでお金を借りたいですよね?

なんらかの理由で仕事につく事ができず、無職の期間があると、どうしてもその間は貯金を切り崩して生活していくことになります。

なんとか仕事が決まった、就職が決まったとしても、仕事をしていない間に蓄えはかなり減っているでしょう。仕事が決っても最初の給料日までは本当にお金の遣り繰りが大変なものです。

仕事が決まったがお金がない状況だと、生活のやりくりにも追われるので、仕事に専念する事が難しいです。給料日までどうやって過ごすかが大きな問題になります。

その際には親の援助を仰ぐ、友人にお金を借りるなど色々な手段が取れますが、一番無難な方法はカードローンでお金を借りる方法です。

もしカードローンでお金を借りる事ができれば、最初の給料日まで安心して過ごす事ができるようになります。さらにカードローンを取り扱っている業者は複数ありますので、少しでも金利が低い業者を選ぶ方が望ましいです。

またカードローンでお金を借りる際には、インターネットを活用する事ができます。

しかも来店不要であれば、近所や職場の人に見られるリスクが少ないです。従ってカードローンでお金を借りる事で、仕事に支障が出る確率は低くなります。ただし無駄使いをすると、給料日までに使い切る可能性は大きいです。

そこでカードローンでお金を借りる前に、給料日までどうやって過ごすかを計画する事が求められます。その上で給料日にはカードローンの支払いを優先する事が大切です。

仕事が決まったばかりでカードローンの契約ができるか心配な人もいるでしょう。

入社して実際に働きはじめた後であれば、審査の際の勤め先への在籍確認もクリアできるので、契約は可能です。できないとすれば、他社の借り入れやクレジットカードの返済が滞っているなど、他の要素が問題になる場合です。

せっかく仕事が決って新しい人生を始めているわけです。借りすぎには注意して計画的にカードローンを活用していきましょう。


就職が決まって仕事を始めたが最初の給料日までお金がない 定期代もない

お金に関して、自分でしっかりするということは、親から独立してしっかり生計を立てるということ。私はその意識をしっかりと持っていたのですが、お金がない!!とかなりビビった経験が...

それは、就職して最初の月です。就職と同時に実家を出て、一人暮らしを始め、しっかりと仕事と生活を両立して歩んでいこう!と、新しいスタート、新たな一歩を踏み出したのです。幸い、就職した会社も大手で、新入社員の教育もしっかりしてくれますし、両親にも安心して送り出してもらえました。

でも、その最初の月にお金がない!!ということに。

それは、引越しに際して、敷金礼金を入れ、最初の家賃も入れ、生活の日用品もとりあえず揃え、会社の服や靴やバッグなど、決して贅沢をしているのではないのですが、最初にかかるお金を使いました。その予算はバイトで貯めた分としてあったのですが、最初のお給料までに、新入社員の歓迎会や、先輩たちに話を聞く為に飲みにいったり、なんやかやとしていたら...使い切ってしまったのです。

仕事を始めると、仕事中に移動した交通費も立替るわけで、それは後に精算すると戻ってきますが、1ヶ月か2か月後です。定期代も同じく精算してから戻るまでは立替なのです。そんなわけでお金がなくなってしまいました。仕事をするにも、最初は軍資金が要るわけです。

仕方なく、親に事情を話して貸してもらいました。面目ないですが、これでは独立の一歩とは言えません。

その後、ペースがつかめてきて、自分のお金のやりくりをしっかりし、親には学生時代にたくさんフォローしていただいた分を、月々、少しずつですが、返しています。(女性/23歳)


「新入社員の借り入れ 入社してすぐでもお金を借りられるの?」関連記事

今日中にお金が必要 すぐお金を借りるならカードローンが便利
今日中にお金が必要な急いでいる時は大手消費者金融のカードローンに申込みをすれば即日融資でお金を借りることもできます。今すぐお金を借りたいときはカードローンが一番借りやすいです。
すぐお金がいる 給料明細や源泉徴収票なしで今すぐお金借りたい
すぐお金がいる場合、消費者金融なら10万円、銀行カードローンなら50万円程度までの借り入れなら、給料明細や確定申告書といった収入証明・所得証明なしで申込みができます。
お金に困ったらアルバイトでもお金を借りることはできるの?
アルバイトの収入ではそれほど大きな金額を借りることはできませんが、消費者金融でも銀行のカードローンでも返済できる範囲内の借入なら十分に可能です。
お金を借りたい女の強い味方がレディースローン!
女性で今すぐ借りたい状況だったり、正社員ではなくパートやアルバイト、フリーターだったりする場合には消費者金融のレディースローンを利用するのがおすすめです。
給料日前の金欠なのにお金が必要 お金を借りるなら
給料日までお金がないにも関わらずどうしてもお金が必要というピンチに見舞われたときに大変頼りになるのが消費者金融のキャッシングです。