学生は学生ローンでお金を借りる?カードローンでも借りられる?

学生は学生ローンでお金を借りる?カードローンでも借りられる?


#

学生がお金を借りるには、18歳以上で仕送りやアルバイトといった定期収入があれば、学生ローンを利用することができます。

学生がお金を借りる場合は、10万円など低い金額のケースが多いですが、金利も低めに設定されています。

学生ローンは、学費や資格取得費用のほか、様々な目的で利用することができます。利用する場合には、保証人や担保、親の承認も必要とされないですが、実家の親の連絡先は必ず控えられます。返済が遅れるなど何かトラブルがあれば親に連絡がいくことになります。

学生であっても20歳以上になればカードローンでも借りれる場合があります。借入の限度額は年収が少ないこともあり、多い方でも50万円辺りが基準となってきます。

カードローンの場合は、20歳以上の学生でも、アルバイトをしていて定期収入があれば利用可能となる金融機関が多いです。銀行のカードローンで借りられることもあります。

消費者金融なら借入の限度額が低いことから、アルバイトをしっかりしていれば審査が通りやすいです。どうしてもすぐにお金が必要というときは、本人が確認できる運転免許証や保険証などの書類を用意し、申込手続きを済ませれば、当日融資を受けられることができます。

スマホから借入の申込みもできるので、どうしてもお金が必要な学生は、返済計画をしっかり立てた上で申込むとよいでしょう。


奨学金が突然打ち切られ、食費のお金さえない状態に

バイト代と奨学金とで生活していた大学生の時のことです。奨学金の入金日をすぎたある日、銀行に行って確認したところ何故か奨学金が振り込まれていませんでした。

学生課に行って聞いてみると、先月末締め切りの更新手続きがなされていないとの返事。「掲示板を見ていなかったのは自己責任ですね、奨学金は打ち切りということになります。」窓口の担当者の冷たい言葉に、大人になるとはこうして自分に責任をもつということなのだな、と変に悟ったような気持ちになったのを覚えています。

とはいえ、バイト代が入るのは3週間先。毎月ギリギリでやりくりしていて貯金もないのにどうすればいいのか...。とりあえず帰宅して台所をチェックしました。3週間をどう食いつなぐか。出てきたのは、キャベツ一玉、少しの米、乾物少々、調味料各種、強力粉...。

人間、追い詰められると色々なアイディアが浮かぶものだと今でも感心してしまうけれど、この時の自分は乏しい食料で何とか3週間乗り切ったのでした。

キャベツは大事に大事に芯まで使い、米が底をついてからは、強力粉をこねてうどんを作ったり。この時生まれたレシピは後も大変重宝しました。そして必要以上には外出せず、出費0円で3週間。次の月からはバイトを増やし、残りの学生生活を終えたのでした。

深刻ではないけれど、明日食べるものも買うお金がないという経験、自分にとっては貴重でした。おかげで奨学金の返済が予定より2年も短く済んだので、今となっては良かったと思っています(笑)。


「学生は学生ローンでお金を借りる?カードローンでも借りられる?」関連記事

結婚資金が足りない時は無利息期間のあるカードローンで借りる
結婚費用はご祝儀で一括返済可能なので、プロミスやレイクなど初回30日間無利息で借りられるカードローンを利用すると、利息の支払いもほとんどなくお得にお金を借りられるのです。
国・市役所でお金を借りる 母子家庭で生活が苦しい 困っているなら
生活が厳しい母子家庭が受給できる手当として、「生活福祉資金貸付」という制度があります。無利子あるいは低金利で国・市役所でお金を借りることができます。
借入限度額を増額したい さらにお金を借りたいときは?
さらにお金を借りたい場合、現在の融資先の限度額を増額するのがまずおすすめ。増額するには、現在契約しているキャッシング会社に増額の申込みをします。
すぐお金がいる 給料明細や源泉徴収票なしで今すぐお金借りたい
すぐお金がいる場合、消費者金融なら10万円、銀行カードローンなら50万円程度までの借り入れなら、給料明細や確定申告書といった収入証明・所得証明なしで申込みができます。
他社借入中でもまだお金が足りない もっとお金を借りたい
他社借入中でも現在の借入合計額や返済状況によっては、新たにお金を借りることも可能です。借金の返済を借金で補っている様なら、おまとめローンで債務の一本化を申し出て見るのも良いです。