すぐお金がいる 給料明細や源泉徴収票なしで今すぐお金借りたい

すぐお金がいる 給料明細や源泉徴収票なしで今すぐお金借りたい


#

消費者金融でお金を借りたいが所得証明書なんてない場合

銀行系のカードローンは審査が厳しいので、消費者金融で借りる。消費税の増税後、そんな方も今はとても多いと思います。

今すぐお金を借りたい。しかし、給与明細や確定申告書などの所得証明書は手元にない。そんな場合でもお金を借りることはできるのでしょうか?

消費者金融で借り入れを申込みする場合、必ず所得証明書が必要なわけではありません。限度額が50万円未満の申し込みであれば、所得証明書は不要で借りられるという金融も多いです。

必要な場合は、50万円以上の限度額を申込みする場合です。50万円以上希望していなければ問題ないのですが、他の消費者金融からもお金を借りていて、借入がすでにある場合は、希望する限度額が50万円未満でも源泉徴収票や給料明細書といった所得証明書の提出が必要になることがあります。また、自営業や個人事業で仕事をしている方も所得証明書が必要になります。

50万円以上は希望していないが、他社でお金を借りている、所得証明書が必要だけどすぐには準備できない、しかしすぐ借りたい場合ですが、キャッシング会社によっては50万円以上の限度額だと審査に必要になることが多いです。

しかし中には後日収入証明書提示でも融資してくれる会社もあります。所得証明書がない状態でもお金を借りられるところはありますので安心してください。

借入額は少なめに。必要なお金だけを借り入れるように!

即日融資でお金を借りる際には、借入希望額を少なめにすることで収入証明書なしでキャッシングを利用することができます。

消費者金融なら10万円、銀行カードローンなら50万円程度までの借り入れの申込みなら、給料明細や確定申告書といった収入証明・所得証明なしで、保険証などの本人確認書のみでお金を借りることができます。

急な出費でその日の内にお金が必要となった際に便利なシステムです。

また、アルバイトやパートなどで年収が少なく、カードローンの審査に通りにくいのではないかという場合にも利用しやすくなっています。

申し込みは、インターネットか電話で行います。即日融資を希望すれば当日中に審査も完了するので、審査の上で問題がなかったら即日で指定した銀行口座に振込をしてもらうことができます。

ネットから当日お金を借りたい場合は銀行の振込業務が当日中に行われる午後2時50分までの審査完了と振込手続きの完了が必要です。お昼までには申込みを済ませたいものです。

カード発行を待つ必要もありません。審査の際に免許証などの身分証明書類は必要となりますが、収入証明書等は不要です。その分利用限度額は低めに設定されますが、その日の内に少しだけ必要とする場合には十分に利用価値のあるサービスです。

もっと多くの金額の借入を行いたい場合には、後日改めて収入証明書を必要とする審査を申し込むことができます。一刻も早くお金を必要とする場合に便利なサービスです。


「すぐお金がいる 給料明細や源泉徴収票なしで今すぐお金借りたい」関連記事

自宅に固定電話ないけどカードローンでお金を借りたい 借りれるの?
自宅に固定電話はないがカードローンでお金を借りることはできるのでしょうか?キャッシングやカードローンでお金を借りる際に自宅に固定電話がないと審査では不利になると以前は言われていました。
今日中にお金が必要 すぐお金を借りるならカードローンが便利
今日中にお金が必要な急いでいる時は大手消費者金融のカードローンに申込みをすれば即日融資でお金を借りることもできます。今すぐお金を借りたいときはカードローンが一番借りやすいです。
新入社員の借り入れ 入社してすぐでもお金を借りられるの?
新入社員だからお金がない、お金に困った。特に引っ越しを伴う就職や転職の場合は、最初の給料日までは本当に持ち出しが多くて金銭的に苦しいことも多いでしょう。
ボーナス払いなのにボーナスカットでお金がない!借りるならどこ?
ボーナス払いなのにボーナスカットでお金がない!ボーナスが少なくてお金が足りない!そんなときお金を借りるなら消費者金融のカードローンが意外とおすすめです。
香典代がない 突然のお通夜・告別式・葬式ですぐお金借りたい
お通夜や告別式に香典を持参して参列するためにはお金も素早く用立てる必要があります。消費者金融のキャッシングなら素早くお金を借りることができます。