収入が少ない 低所得・低年収でもお金を借りたいが審査が不安

収入が少ない 低所得・低年収でもお金を借りたいが審査が不安


#

どうしてもお金が必要である。しかし年収が少ないので審査に通るか不安だ。年収少ないけどお金借りたい、借りれる消費者金融を探している。

たしかに、年収が少ないとどこも貸してくれないのではないかと不安になりますが、銀行でお金の借入を申し込むと断られる可能性があります。

しかし、だからといって年収の少ない方がお金を借りられないわけではありません。パートやアルバイトで収入が少ない方でも毎月一定の収入があるなら借りられる可能性があります。

消費者金融ではむしろそのような方へ融資するノウハウがあるため借りれる可能性があります。消費者規制には総量規制があります。そのため年収の3分の1までが最大で融資を受けることができる金額になります。

すでに他社から借りている年収の3分の1に抵触する可能性がある場合は、融資を断れる可能性があります。クレジットカードによるショッピングの分割払いや住宅ローンの残高は含めません。それがなければ、融資が受けられる可能性があります。

年収が高い低いに関係ないく、年収が高くて借金をしたことがない人でも、過去に公共料金や携帯代の滞納があって審査では落ちるといった可能性もあります。年収が低くても返済能力があるかどうかを判断するだけなのです。

消費者金融で審査が通過できるか不安なら借り入れ前にお試し審査を

お金に困っていますという方にとって、消費者金融はお金を工面する有効な選択肢のひとつとしてあると思います。

消費者金融でお金を借りる場合、必ず借り入れを希望する業者による融資の審査に合格する必要があります。

この審査の基準については業者毎に微妙な違いがある上に、詳細が公開されている訳ではありません。

従って、初めて借り入れを希望する場合は情報が充分で無い事によって、既に経験がある場合は過去の延滞履歴や現状の借入額との兼ね合いから、借り入れの審査が不安という心理を抱きやすいと言えます。

こうした場合においては、大手消費者金融を中心にWeb上の申込において展開されている、借りる前にお試しする為のフォーム、いわゆる「お試し審査」を利用するのが効果的と言えます。

こうしたフォームは個人の特定に繋がる情報は入力の必要が無い事から、実際に借り入れを考えているか否かも問わないレベルで気軽に利用する事が出来ます。

お試しとは言え、借り入れ自体が可能か否かは比較的正確に判別出来るので充分に参考材料とする事が可能です。結果が直ぐに判別出来る事も魅力的と言えます。


主人の勤務時間が短縮され給料減 残業代もカットで生活費がない

今から5年ほど前、主人の会社が危なくなったことがありました。そのころは希望退職を募ったり、人が余っているのでほかの会社に出向になる人もたくさんいました。我が家もビクビクしていたのですが、それは何とか免れました。

しかし、勤務時間はかなり短縮されてしまいました。手取りの給料が、なんと5〜6万円も減ってしまったのです。夜勤の時でも0時前、日勤の時は夕方の4時ごろに帰ってくることもありました。

もともと残業や休出、夜勤などが多い会社なので月によってのばらつきはありましたがここまで少ないのは初めてで、焦りました。

我が家は子どもが二人。上の子は幼稚園に通っていて、保育料も払わなくてはなりません。マンションの家賃も、うちの地域では高い方でした。このときは口座には予備のお金もあまりない状態でした。おそらく、この時は全財産が30万円以下になっていたと思います。うちのマンションは家賃が9万円以上でしたので、かなり緊迫した状況でしたね。


さすがにその数字を見て焦り、とにかく家計を切り詰めました。無駄なものは徹底的に買わないようにし、引き落としに足りなくならないように口座にお金を残し手元金は必要最小限しか持たないようにしました。もちろん外食もお弁当もやめ、食材も無駄にしないように使いまわしました。


でも、お金が無ければ無いで工夫して何とかなるものでなんとか次の給料日までは乗り切ることができました。人間、追い詰められた方が知恵を発揮することができるんだなと感じましたね。 (女性/40歳)


「収入が少ない 低所得・低年収でもお金を借りたいが審査が不安」関連記事

すぐお金がいる 給料明細や源泉徴収票なしで今すぐお金借りたい
すぐお金がいる場合、消費者金融なら10万円、銀行カードローンなら50万円程度までの借り入れなら、給料明細や確定申告書といった収入証明・所得証明なしで申込みができます。
収入が少ない 低所得・低年収でもお金を借りたいが審査が不安
パートやアルバイト、派遣などで収入が少ないけれど、どうしてもお金を借りたい場合があります。しかし低所得・低年収でもお金を借りることはできるのでしょうか。
結婚式の出席 ご祝儀代のお金が足りない 借りたい
ご祝儀のお金なら数万円程度。ご祝儀のお金が捻出できない。そんな時は消費者金融で借りるのがおすすめです。
国・市役所でお金を借りる 母子家庭で生活が苦しい 困っているなら
生活が厳しい母子家庭が受給できる手当として、「生活福祉資金貸付」という制度があります。無利子あるいは低金利で国・市役所でお金を借りることができます。
車検代 車検費用が足りない どうしてもお金を借りたい
車検は時期が決っていますから、その時に車検代・車検費用が足りないのは困ります。どうしてもお金が足りない場合は消費者金融のカードローンでお金を借りるのも致し方ありません。